ブログメイン

HOME > ブログ > 2020年10月定期掲載

2020年10月定期掲載  薬剤科紹介

🏥こんにちは!!茨城リハビリテーション病院薬剤科についてご紹介します。現在当部署は薬剤師6名(常勤3名、パート3名)、調剤助手1名の計7名のスタッフで お薬に関わる業務を展開しております。



薬剤師の仕事と聞くと、医師の処方箋に基づきお薬を調剤するイメージを抱くと思いますが、それ以外に服薬指導、入院される患者さんに対する持参薬の鑑別、院内 採用薬の在庫、情報管理、薬事、感染対策、医療安全等の委員会への参加など多岐にわたっていたることはご存知でしょうか?

🏥薬剤科では、主に入院および外来患者さんの内服、外用、注射薬💉の調剤を行っております。お薬にはさまざまな種類があり、その中でも一緒に飲んではいけない組み合わせや、 年齢、体重、肝臓や腎臓の機能によって量や飲み方の調節が必要なものも存在します。


🏥電子カルテ等を使用して医師が処方したお薬の量、飲み方、そのほかの併用薬との飲み合わせに問題がないか確認を行っております。 当院では他の医療機関からの転院が多く、様々な種類の持参薬を持って入院される患者さまが多いため、入院時の持参薬鑑別では院内採用薬に切り替える際に個々の薬剤の継続の可否 についても判断し、ポリファーマシーを減らすための取り組みも行っております。

退院時処方においてはお薬手帳に入院時に使用していた薬剤の情報や、変更点についても記載し、退院した後も安心安全にお薬を使用していただけるように心がけております。 病気の治療に用いられる「クスリ💊」は、使い方を誤ると文字通り健康を脅かす「リスク」にも繋がります。 そのため私たちは日ごろから患者さんが安心かつ適切にお薬を使っていただけるような環境づくりに努めております。😌

 当部署の今後の展望としては、病棟業務などで薬剤師がチーム医療の一員として関わり、患者さんが安心して入院生活を送れるように従来の調剤中心の対物業務から対人業務にシフトさせていきたいです。
そしてそれが在宅復帰への第一歩に繋がると確信しています。💮


執筆 2020年10月1日  茨城リハビリテーション病院  薬剤科  糸賀 智貴